【セントライト記念】美浦レポート~ショウナンラグーン [News]
2014/09/17(水) 15:58
 21日(日)に新潟競馬場で行われるセントライト記念に出走を予定しているショウナンラグーンについて関係者のコメントは以下の通り。

大久保洋吉調教師
「仕上がりとしては九分以上です。いくらか余裕がある感じですが、まだ先があるのでいいかなと思っています。夏を越して体が大きくなり、たくましくなった印象です。体重は10キロぐらい増えて出ることになるでしょう。今回は距離2200メートルですが、内回りコースがどうでしょう。上手に好位につけられる競馬が出来たら、とは思いますが。菊花賞に向けていいステップになればいいですね。」

吉田豊騎手
「春先はなかなか500万条件のレースも勝てませんでしたが、青葉賞でみごとに差し切ってくれて、ダービーではあの馬らしいいい脚を使ってくれたと思っています。その後暑い時期は北海道に行って、いいリフレッシュになったと思います。春に比べて力も着いてきて一回り大きくなりました。
 今朝の追い切りはウッドコースでの併せ馬でした。後ろから行って前に併せる形でしたが、仕掛けた時にモタモタしたので最後は気合いをつけました。多少重い感じですが、目標は先ですし、休み明けにしてはいい感じです。今回は小回りの2200メートルですが、この馬はあまりスタートが上手ではなく、あまり後方からでは厳しいでしょう。そのあたりを注意してうまく流れに乗りたいと思っています。
 メジロドーベルの孫ということで思い入れの強い馬です。なんとか菊花賞にいい感じで臨めるように頑張りたいです。」

(取材:小林雅巳)