田辺騎手がサマージョッキーズシリーズチャンピオンに輝く [News]
2014/09/14(日) 18:08
 2014年のサマージョッキーズシリーズは第14戦の京成杯オータムハンデキャップが終了し、シリーズ通算35ポイントの田辺裕信騎手が、2位の丸田恭介騎手に7ポイント差をつけて、シリーズチャンピオンを決めた。
 なお、優勝した田辺騎手には、褒賞金100万円とワールドスーパージョッキーズシリーズへの出場権が与えられる。田辺騎手のワールドスーパージョッキーズシリーズへの出場は初となる。

●田辺裕信騎手のコメント
「メイショウナルトとクラレントに勝たせてもらって、自分の獲得ポイントがトップだと知っていました。チャンピオンについて周囲からも言われていましたし、自分でも意識しており、なんとか今日も結果を残したいなと思っていました。昨日落馬して、体を痛めましたが、無様な競馬をしなくてよかったなと思いました」

(JRA発表による)