【セントウルS】(阪神)~リトルゲルダが重賞連勝でサマースプリント女王に [News]
2014/09/14(日) 16:59
阪神11Rのセントウルステークス(3歳GII・芝1200m)は、4番人気リトルゲルダ(丸田恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒4。1馬身1/4差の2着に1番人気ハクサンムーンが、半馬身差の3着に2番人気エピセアロームがそれぞれ入線。

リトルゲルダは栗東・鮫島一歩厩舎の5歳牝馬で、父Closing Argument、母Bijoux Miss(母の父Buddha)。通算成績は20戦7勝となった。

レース後のコメント
1着 リトルゲルダ 丸田恭介騎手
「今日はいい枠ということもあって、ハクサンムーンを見ながら、最高の形でレースができました。先行争いが激しくなると思っていたので、じっくり構えてレースをしました。直線も余裕を持って外に出せましたし、手応えがよかったので交わせると信じていました。本当に頼もしい馬です。この状態を維持して本番に向かいたいですね」

2着 ハクサンムーン 戸崎圭太騎手
「特に行くつもりはありませんでしたが、馬が速かったので2番手で折り合って行く形になりました。休み明けでしたが、力を感じました。本当にいい馬ですね」

3着 エピセアローム 浜中俊騎手
「枠なりで、勝ち馬を見ながらのレース。よく走っています」

4着 スギノエンデバー 岩田康誠騎手
「最後は進路を探しながらよく差を詰めています」

5着 マヤノリュウジン 池添謙一騎手
「テンで少し置かれる形になりました。でも、前の馬が止まらない馬場で終いはいい脚を使ってくれました。次につながるレースはできたと思います」