【メイクデビュー】(新潟5~6R)~ダイワダーウィン、ストロングトリトンが勝利 [News]
2014/09/14(日) 15:17
新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1800m)は、1番人気ダイワダーウィン(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒0。1馬身半差の2着に2番人気ブラックバゴが、クビ差の3着に3番人気ポトマックリバーがそれぞれ入線。

ダイワダーウィンは美浦・田中剛厩舎の2歳牡馬で、父ダンスインザダーク、母プラウドウイングス(母の父Dashing Blade)。

レース後のコメント
1着 ダイワダーウィン 柴田善臣騎手
「稽古の感じもよかったですし、追ってしっかりしていました。素質のある馬です」

2着 ブラックバゴ 斎藤誠調教師
「遅いペースでしたが、あれだけ速い脚を使うとは驚きました。次につながるレースができました。このあとは一旦放牧に出します」

3着 ポトマックリバー 蛯名正義騎手
「いいセンスを持っていますし、よくがんばっています。使いながらよくなってくると思います」

4着 エグランティエ 石橋脩騎手
「もう少しパワーアップした方がいいと思いましたが、実戦に行っていいタイプでした。スタートも上手ですし、内からうまく脚を使ってくれました。センスがありますね」


新潟6Rのメイクデビュー新潟(ダート1800m)は、2番人気ストロングトリトン(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒2。4馬身差の2着に8番人気ラインフェルスが、5馬身差の3着に11番人気タイセイエナジーがそれぞれ入線。

ストロングトリトンは美浦・鹿戸雄一厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母ストームティグレス(母の父Storm Cat)。

レース後のコメント
1着 ストロングトリトン 三浦皇成騎手
「体の面ではまだこれからという感じですが、気性は大人になっています。体がしっかりしてくれば、いいところまで行けるでしょう。パワー型でいかにもダート馬という印象ですが、能力はいいモノがあります。直線では遊ぼうとしていたので、気を抜かないように追っていました」

2着 ラインフェルス 北村宏司騎手
「スタッフがよく仕上げてくれて、最後もよく伸びてきてくれました。負けはしましたが、内容としてはよかったです」

3着 タイセイエナジー 柴田善臣騎手
「乗り込んできていますからね。今日はこんなものだと思います」

4着 タピゴン 蛯名正義騎手
「スピードタイプの馬ではありませんからね。慣れていけば、また変わってくるでしょう」

5着 ドリームダン 柴山雄一騎手
「道中は気合をつけて行きました。直線では砂を被るのに慣れてきてから、自分のリズムで行くことができ、そこから伸びてくれました」