【紫苑S】(新潟)~レーヴデトワールとショウナンパンドラに秋華賞の優先出走権 [News]
2014/09/13(土) 16:43
新潟11Rの紫苑ステークス(3歳オープン、牝馬限定、芝2000m)は5番人気レーヴデトワール(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒3(不良)。クビ差2着に1番人気ショウナンパンドラが入り、上記2頭が秋華賞の優先出走権を獲得。さらに3馬身差で3着に4番人気マイネグレヴィルが入った。

レーヴデトワールは栗東・松田博資厩舎の3歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母レーヴドスカー(母の父Highest Honor)。通算成績は9戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 レーヴデトワール(川田騎手)
「道中はかなり前向きなので、なだめながら進めました。直線では自分のリズムで追い出すとしっかりとした脚を見せてくれました。京都の2000mもまったく問題ありませんし、この後、無事に行って欲しいです」

2着 ショウナンパンドラ(岩田騎手)
「この馬場もこなしてくれました。直線、外に出すとしっかりといい脚を使ってくれました」

3着 マイネグレヴィル(松岡騎手)
「久々でしたが、こういう馬場は得意としています。使って良くなるでしょう」

4着 ハピネスダンサー(藤岡康騎手)
「正攻法の競馬でよく伸びていますが、最後は久々の分だと思います」

5着 マローブルー(戸崎騎手)
「思ったより力んで走っていました。これまでそんなことがなかっただけに、やはり久々の分でしょうか。春よりパワーアップしています」