【エニフS】(阪神)~ポアゾンブラックが先手を奪って押し切る [News]
2014/09/13(土) 16:17
阪神11Rのエニフステークス(3歳上オープン、ダート1400m)は7番人気ポアゾンブラック(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒5(良)。1馬身1/4差2着に3番人気ワイドバッハ、さらにクビ差で3着に4番人気ナリタスーパーワンが入った。

ポアゾンブラックは栗東・本田優厩舎の5歳牡馬で、父マイネルラヴ、母サンライトチーフ(母の父チーフベアハート)。通算成績は20戦9勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ポアゾンブラック(太宰騎手)
「キズマが行けば2番手でも、と思っていましたが、こちらの方が速かったです。いいペースで行けたし、最後までしぶとかったです。芝でもダートでも自分のペースで行ければしぶといですね。結果を出せて良かったです」

2着 ワイドバッハ(武豊騎手)
「自分のレースに徹して、いい形で直線に向き、キッチリと自分の脚は使ってくれています」

4着 ガンジス(浜中騎手)
「うまく前が空きましたし、よく伸びてきているのですが...」