【2歳未勝利】(阪神1R、2R)~メイショウオオラカ、クリノスーアンコーが勝利 [News]
2014/09/13(土) 15:00
阪神1Rの2歳未勝利戦(ダート1400m)は5番人気メイショウオオラカ(城戸義政騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒2(良)。2馬身1/2差2着に1番人気ウリボー、さらに2馬身差で3着に4番人気ジョーアラタが入った。

メイショウオオラカは栗東・小野幸治厩舎の2歳牡馬で、父ファスリエフ、母カネトシバニラ(母の父Kheleyf)。通算成績は4戦1勝となった。

~レース後のコメント~
1着 メイショウオオラカ(城戸騎手)
「ゲートが速く、無理せずハナに立てました。いいリズムで直線に向きましたが、最後、フワッとするところがありました。2着馬が差を詰めたのでまた踏ん張ってくれたのではないかと思います。ダートが良さそうですね。距離延長も合っていたと思います」

2着 ウリボー(武豊騎手)
「ダッシュがあって前めのレースをしましたが、道中は物見をしたり、周りを気にする面を見せていました。レース慣れしてきたらチャンスがありそうです」

3着 ジョーアラタ(藤田騎手)
「いい馬ですね。ただ、今日のレース振りからすると1800mくらいが合っていると思います」


阪神2Rの2歳未勝利戦(芝1200m)は6番人気クリノスーアンコー(D・ペロヴィッチ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒9(良)。2馬身差2着に1番人気ナムラマミー、さらに3/4馬身差で3着に4番人気シゲルカゼノボンが入った。

クリノスーアンコーは栗東・藤沢則雄厩舎の2歳牡馬で、父デュランダル、母クリノビリオネア(母の父ディアブロ)。通算成績は2戦1勝となった。

~レース後のコメント~
1着 クリノスーアンコー(ペロヴィッチ騎手)
「スタートするまでは2~3番手くらいを考えていましたが、他に行く馬もいないので、そのまま行きました。馬が良かったので最後も無理に追わず、余裕がありました」

2着 ナムラマミー(福永騎手)
「いいレースが出来ました。この馬もしっかり伸びていますが、1頭強い馬がいました。相手が強かったですね」

3着 シゲルカゼノボン(幸騎手)
「短い距離が合っています。最後の伸びが今までとは違いました。チャンスはあります」