【丹頂S】(札幌)~人気のタマモベストプレイが快勝 [News]
2014/09/07(日) 17:02
札幌11Rの丹頂ステークス(3歳上オープン、ハンデ、芝2600m)は1番人気タマモベストプレイ(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分43秒2(良)。クビ差2着に8番人気サトノシュレン、さらに2馬身差で3着に6番人気サクラボールドが入った。

タマモベストプレイは栗東・南井克巳厩舎の4歳牡馬で、父フジキセキ、母ホットプレイ(母の父ノーザンテースト)。通算成績は17戦4勝となった。

~レース後のコメント~
1着 タマモベストプレイ(津村騎手)
「最近、馬がとぼけてきていると聞いていましたし、返し馬でそう感じましたから、スタートから気合をつけました。折り合いは問題ありませんし、最後、併せ馬になったらまた頑張ってくれました。今は長い距離の方がいいかもしれません」

2着 サトノシュレン(秋山騎手)
「距離が長いので、返し馬から馬としっかりコンタクトを取り、気持ち良く走らせました。いい馬ですよ」

3着 サクラボールド(横山和騎手)
「頑張っていると思います。距離は問題ありません。馬場がもう少し湿ってくれた方が良かったです」

8着 モビール(勝浦騎手)
「全然、動けませんでした。状態は良かったですし、もったいなかったです」

13着 シャドウパーティー(福永騎手)
「悪くない位置でリズム良く行けましたが、余力はありませんでした。軽い走りをするので、洋芝より軽い芝の方がいいと思います」