【燕特別】(新潟)~メイクアップが直線で抜け出す [News]
2014/09/06(土) 16:42
新潟9Rの燕特別(3歳以上500万下・芝2200m)は、2番人気メイクアップ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒5。1馬身半差の2着に7番人気シャイニーデイズが、2馬身半差の3着に1番人気キネオワールドがそれぞれ入線。

メイクアップは栗東・谷潔厩舎の3歳牡馬で、父オレハマッテルゼ、母エンプレスマティルダ(母の父Sadler's Wells)。通算成績は10戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 メイクアップ 戸崎圭太騎手
「まだ遊び遊び走っています。クラスが上がっても相手なりに走れそうです。最後もしぶとかったです」

2着 シャイニーデイズ 西田雄一郎騎手
「未勝利馬ですし、より強く勝ちを意識していました。少し速い流れなのはわかっていましたが、よくがんばってくれました」

3着 キネオワールド 岩田康誠騎手
「具合はよかったですが、向正面~3コーナーで置いていかれてしまいました。反応が鈍かったです。これからもっとよくなると思います」

4着 ボーイフレンド 横山典弘騎手
「この馬のレースはできています。この条件なら崩れませんね」

5着 トゥインクル 石橋脩騎手
「3コーナーからついていきましたが、ズブくて外から他に入られてしまいました。そこが痛かったです」

6着 プレストウィック M.エスポジート騎手
「内にモタれると聞いていたので先に抜け出す形になりましたが、最後までバテていません。馬場がもっと渋ればいいと思います」