【玄海特別】(小倉)~エーシンマックスが叩き合いを制す [News]
2014/09/06(土) 16:24
小倉10Rの玄海特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は、4番人気エーシンマックス(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒1。クビ差の2着に3番人気トーホウジャッカルが、クビ差の3着に1番人気タブレットがそれぞれ入線。

エーシンマックスは栗東・西園正都厩舎の4歳牡馬で、父Dalakhani、母Midnight Angel(母の父Acatenango)。通算成績は14戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 エーシンマックス 太宰啓介騎手
「ゲートのタイミングが合いませんでしたが、1~2コーナーで内を回って、向正面でうまく外に出すことができました。直線では一旦交わされながら盛り返しましたし、今日のような勝ち方ができたのは収穫です」

2着 トーホウジャッカル 酒井学騎手
「2000mに距離が延びて微妙にハミを噛んで走っていました。道中はタブレットをマークする形で進んで、相手の動きがズブそうだったので早めに動いていきました。外を回って長く脚を使いましたし、能力があるのは確かです。これから先が楽しみです」

3着 タブレット 川田将雅騎手
「なかなか前に進んでいかず、ずっと追っつけながらの追走でした。勝負どころでは内に押し込められ、直線では内にササる形で走っていました。まだキャリアの浅い馬ですから、これからよくなっていくと思います」