【新潟記念】美浦レポート~ユールシンギング [News]
2014/09/03(水) 14:06
 今月7日(日)新潟競馬場で行われる第50回新潟記念(GIII)に登録をしているユールシンギング(牡4、美浦・勢司和浩厩舎)について、追い切り後の勢司和浩調教師のコメントは以下の通り。

(前走の新潟大賞典を振り返って)
「吉田隼人騎手が初めて乗りましたが、スムーズな競馬で、良いレースをしてくれました。」

(前走後の調整について)
「レースを使った後、多少疲れが出ていたものですから、無理をせずここまで待ちました。非常に良い形で今回の競馬を迎えられるのではないでしょうか。」

(今日の調教・ポリトラックコースで併せ馬について)
「先週に北村宏司騎手に乗ってもらい、一杯に追っています。今週は調整という形で、最後は併せ馬で、少し抜け出す形で終わらせました。よその馬と比べると、どうしても体が大きいものですから、動き自体は素軽さや鋭さというのは感じられませんが、今までと同じように、あの馬なりに良い動きだったのではないかと思います。」

(新潟のコースについて)
「大きな馬なので、ゆったり流れる、あるいは直線が長いコースは、あの馬にとって向いているのではないでしょうか。」

(鞍上の北村宏司騎手について)
「セントライト記念でも、彼に勝たせてもらっています。彼は、いろいろなタイプの馬に合わせて乗ることができる良いジョッキーですし、ユールシンギングのことを良く知ってもらっています。相性は良いですし、良いレースをしてくれると思います。」

(今回のレースについて)
「(トップハンデ57.5キロは)少し重いかなという気はします。しかし、大型馬ですし、何とかこれを乗り越えてほしいです。相手も重賞を使ってきている馬ばかりですが、それよりも、ユールシンギングはそんなに真面目に走る馬ではないので、本当の力を出してくれたら、おのずと結果は出てくるのではないでしょうか。まだまだ良くなる馬です。今後の成長も含めて、応援してあげて下さい。」

(取材:米田元気)