【キーンランドC】(札幌)~ローブティサージュが復活V [News]
2014/08/31(日) 16:49
札幌11Rのキーンランドカップ(3歳以上GIII・芝1200m)は、3番人気ローブティサージュ(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒0。クビ差の2着に1番人気レッドオーヴァルが、アタマ差の3着に5番人気マジンプロスパーがそれぞれ入線。

ローブティサージュは栗東・須貝尚介厩舎の4歳牝馬で、父ウォーエンブレム、母プチノワール(母の父Singspiel)。通算成績は13戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ローブティサージュ 三浦皇成騎手
「前走負けたのは位置取りの差だけ。今日は前走よりも前の位置で、馬の気持ちを損ねないよう注意して乗りました。最後も前がうまく開いて、力強く伸びてくれました。洋芝も滞在競馬も合っています。GIホースの底力をようやく見せてくれました」

2着 レッドオーヴァル 池添謙一騎手
「ホントにいい脚を使ってくれました。勝ち馬とは立ち回りの差、枠順の差だと思います。牝馬で気合が乗りすぎると聞いていましたが、もう少し落ち着きが出てくるといいと思います」

3着 マジンプロスパー 福永祐一騎手
「ちょっとペースが速かったかなぁ。相手も切れる馬だし、早め先頭から押し切れると思ったんですが......。状態もよく、いい形だっただけに残念です。でも、これがこの馬本来の姿です。やっと状態も戻ってきました」

6着 フォーエバーマーク 村田一誠騎手
「ようやくいい状態に戻ってきました。ウォーミングアップの動きも違っていました。年齢を重ねて、状態が戻るのに時間がかかりました」

7着 スマートオリオン 武豊騎手
「流れに乗って理想的なレースができましたが、思ったよりも伸びなかったです」