【BSN賞】(新潟)~インカンテーションが早め先頭で押し切る [News]
2014/08/30(土) 17:11
新潟11RのBSN賞(3歳上オープン、ハンデ、ダート1800m)は2番人気インカンテーション(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒6(良)。1馬身1/2差2着に3番人気ランウェイワルツ、さらに3馬身1/2差で3着に1番人気ヴォーグトルネードが入った。

インカンテーションは栗東・羽月友彦厩舎の4歳牡馬で、父シニスターミニスター、母オリジナルスピン(母の父Machiavellian)。通算成績は16戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 インカンテーション(大野騎手)
「前走時よりも馬は良くなっていましたし、強かったですね。速い時計に対応出来るので、時計の出る馬場は合っています。最後は相手が来るとまた伸びそうな感じでした。秋に向け、賞金を加算していきたいですし、このまま順調に行ってくれればと思います」

2着 ランウェイワルツ(内田博騎手)
「52キロですし、自分の競馬は出来ています」

3着 ヴォーグトルネード(福永騎手)
「今日は最初から最後までハミを取りませんでした。普通、あそこからズバッと伸びるのですが、今日は走っていません。時計、上がりを考えても走れないはずはありませんから。気難しく、賢い馬で、競馬を分かってきていますから、次は馬具を替えた方がいいかもしれません」

4着 ツクバコガネオー(吉田豊騎手)
「外で被されず運べましたから、直線伸びるかと思いましたが、ジリジリでした。もうワンパンチですね」

5着 タイムズアロー(戸崎騎手)
「ついて行きましたが、ペースが速かったですね」