【メイクデビュー】(小倉5R、6R)~ゴールドメダリオン、プルーヴダモールが勝利 [News]
2014/08/24(日) 15:13
小倉5Rのメイクデビュー小倉(2歳新馬、芝1800m)は4番人気ゴールドメダリオン(国分優作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒1(良)。4馬身差2着に2番人気オールマイアイ、さらに2馬身差で3着に5番人気トミケンナーディルが入った。

ゴールドメダリオンは栗東・松元茂樹厩舎の2歳セン馬で、父コンデュイット、母サワノプリマベーラ(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 ゴールドメダリオン(国分優騎手)
「いい仕上がりでした。ハナに立って終始楽に行けました。脚先が軽い馬なので今日のような渋い馬場がどうかと思いましたが、気にすることなく走っていました。ゴーサインを出したらビュッと行って、これなら交わされないと思いました。ゴールを過ぎてもまだ余裕がありました。短い距離でも走れるスピードもある馬です」

2着 オールマイアイ(藤岡佑騎手)
「少頭数なのでペースが遅くなるだろうと思い、2番手につけて行きました。初めてでも上手に走っていました。最後は瞬発力の差でしょうか。長い距離は合っています」


小倉6Rのメイクデビュー小倉(2歳新馬、牝馬限定、芝1200m)は2番人気プルーヴダモール(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒9(良)。2馬身1/2差2着に5番人気グロウミングティア、さらに3/4馬身差で3着に1番人気パピプペポが入った。

プルーヴダモールは栗東・西園正都厩舎の2歳牝馬で、父チチカステナンゴ、母プルーフオブラヴ(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 プルーヴダモール(酒井騎手)
「あまり急かすと反発しそうなイメージがありましたが、スタートはスムースに切ってくれました。ただ、コーナーで勢いが落ちたり、直線は耳を絞ったりと、あまりステッキを使うと良くないと思ったので、見せムチで最後まで気持ちを切らさず走らせました。まだ走らされているという感じですが、ここを使って変わってきそうです」

2着 グロウミングティア(松山騎手)
「馬場のいいところを通ってレースをしました。初戦としてはいい内容でした」

3着 パピプペポ(幸騎手)
「スタートで躓きましたが、その後すぐに取りつくことが出来ました。ただ、外に逃げたり内にモタれたりという面を出していました。そういう点は使えば変わってきそうです」