【メイクデビュー】(新潟5~6R)~ダイワバーチュー、ダノングラシアスが勝利 [News]
2014/08/23(土) 15:55
新潟5Rのメイクデビュー新潟(牝馬・芝1600m)は、5番人気ダイワバーチュー(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒7。1馬身1/4差の2着に1番人気ショウナンライムが、1馬身1/4差の3着に3番人気ブランダルジャンがそれぞれ入線。

ダイワバーチューは美浦・鹿戸雄一厩舎の2歳牝馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母ダイワベルタ(母の父スペシャルウィーク)。

レース後のコメント
1着 ダイワバーチュー 蛯名正義騎手
「素直な気性で、思ったより冷静にレースを運ぶことができましたし、本当によく届いてくれました。外に出してから一気に伸びてくれましたが、2歳馬なので併せないように少し前の馬とは離してレースさせました」

2着 ショウナンライム 須貝尚介調教師
「ゲートも出たので、前で競馬をしましたが、センスのよさは感じました。勝ち馬にはああいう形でこられましたし、まだ本格化もしていません。これからよくなってくると思います」

3着 ブランダルジャン 北村宏司騎手
「スタートは周りをうかがいながら出て行きました。道中もうながして行って、流れについて行く感じでした。しかし、手応えの割にはよく伸びていました」

5着 メイショウサワヤカ 柴田善臣騎手
「直線でラチについて追いづらいところもありましたが、競馬も上手だし、真っすぐ走れるようになれば変わってくると思います」


新潟6Rのメイクデビュー新潟(芝1400m)は、1番人気ダノングラシアス(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒4。半馬身差の2着に6番人気スマイルミーティアが、クビ差の3着に5番人気タガノエスプレッソがそれぞれ入線。

ダノングラシアスは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母サーキットレディ(母の父Grand Slam)。

レース後のコメント
1着 ダノングラシアス 内田博幸騎手
「馬なりで、行きすぎたくらいでしたが、気のいい馬ですから楽でしたね」

3着 タガノエスプレッソ 石橋脩騎手
「いい決め手を持っています。ただ、オンとオフがはっきりしすぎていましたから、競馬を使って慣れてくれればと思います」

4着 メイショウミソラ 戸崎圭太騎手
「癖もなく、上手に走っていました。力をつければ、もっとよくなると思います」

5着 マイネルカルド 柴田大知騎手
「スタートは反応が悪く、後方からになりましたが、窮屈なところからしっかり伸びてくれました。素直な馬ですし、競馬を覚えてくればと思います」

10着 アウリン 宮崎北斗騎手
「ついていくのに精一杯になってしまいました。でも、終いはよく伸びてくれました。使いつつよくなると思います」