【2歳未勝利】(札幌1~2R)~ディアドムス、テイエムダンシングが勝利 [News]
2014/08/23(土) 15:29
札幌1Rの2歳未勝利(ダート1700m)は、8番人気ディアドムス(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2のレコード。5馬身差の2着に3番人気エンプレスダンスが、ハナ差の3着に10番人気バウトナカヤマがそれぞれ入線。

ディアドムスは美浦・高橋裕厩舎の2歳牡馬で、父ジャングルポケット、母マイネランデブー(母の父アグネスデジタル)。通算成績は3戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 ディアドムス 三浦皇成騎手
「調教の感じがよく、スムーズにいけば勝ち負けだと思っていました。思った以上に余裕がありましたし、強かったです」

2着 エンプレスダンス 和田竜二騎手
「ハナに行きたかったのですが、集中していないのか2列目からの競馬になりました。ここを叩いて、次はよくなると思います」

3着 バウトナカヤマ 津村明秀騎手
「砂を被っても怯むことなく伸びていました」


札幌2Rの2歳未勝利(芝1200m)は、5番人気テイエムダンシング(小林徹弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9。ハナ差の2着に2番人気イシスが、クビ差の3着に1番人気ユメノマイホームがそれぞれ入線。

テイエムダンシングは栗東・山内研二厩舎の2歳牡馬で、父ダンスインザダーク、母ティファイファイ(母の父スターリングローズ)。通算成績は2戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 テイエムダンシング 小林徹弥騎手
「少し出負けしましたが、道中は自分から行く気を見せていました。馬の後ろで競馬ができたのはよかったです。脚もたまっていたので、前が開けば伸びると思っていました。最後はいい脚でした」

3着 ユメノマイホーム 長岡禎仁騎手
「道中は少し急がせながらの追走でした。外枠でしたし、内外の差が出たのかもしれません」