【メイクデビュー】(小倉5R)~セカンドテーブルが5馬身差でV [News]
2014/08/23(土) 15:24
小倉5Rのメイクデビュー小倉(芝1200m)は、1番人気セカンドテーブル(義英真騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒3。5馬身差の2着に3番人気サフランスターが、1馬身半差の3着に2番人気ペプチドアルマがそれぞれ入線。

セカンドテーブルは栗東・崎山博樹厩舎の2歳牡馬で、父トワイニング、母モカサンデー(母の父サンデーサイレンス)。

レース後のコメント
1着 セカンドテーブル 義英真騎手
「攻め馬からいい動きで、期待していました。楽にハナに行ける力はありましたけど、緒戦でしたから2番手からレースをしました。最後は物見をするような面がありましたが、レースを終えて上がってきたときには息も上がっておらず、能力を感じます。ゲートも速く、乗りやすい馬なので距離が延びても大丈夫だと思います」

2着 サフランスター 川須栄彦騎手
「内枠ですんなり先手をとることができましたが、4コーナーでは勝ち馬の手応えがよすぎました。最後は交わされてもがんばっていました」

3着 ペプチドアルマ 浜中俊騎手
「馬がキョロキョロしていたときにゲートが開いてしまい、出脚はつきませんでしたが、そのあとはスッと取りついてセンスのよさを感じました。次はもっとよくなりそうです」

4着 ビップチャーチャン 川田将雅騎手
「一生懸命走っていますが、性格がおっとりしているので、この距離は忙しいですね」