【2歳未勝利】(小倉1~2R)~シゲルチャグチャグ、ビジューミニョンが勝利 [News]
2014/08/23(土) 15:16
小倉1Rの2歳未勝利(芝1200m)は、4番人気シゲルチャグチャグ(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒7。1馬身1/4差の2着に3番人気デンコウハシャが、ハナ差の3着に1番人気ディアエナがそれぞれ入線。

シゲルチャグチャグは栗東・武田博厩舎の2歳牝馬で、父サムライハート、母オーデコロン(母の父ボストンハーバー)。通算成績は2戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 シゲルチャグチャグ 太宰啓介騎手
「スタートよく、あとは楽に息を入れながら最後までリズムよく走れました。2走目でテンションがどうかと思いましたが、落ち着いていました。いいものを持っています」

2着 デンコウハシャ 浜中俊騎手
「滞在効果でイレ込みを我慢できるようになっていました。前走に続いて思い通りのレースができました。もうひと押しですね」

3着 ディアエナ 国分優作騎手
「ゲートをうまく出て、リズムよく運べました。最後も反応はしています。あと少し切れてくれればという感じですが、十分チャンスはあると思います」

4着 フェアラフィネ 松山弘平騎手
「スタートから、いい位置につけてレースをしましたが、物見をする面を見せていました。あともうひと踏ん張りという感じです」

5着 ミュトスレディ 川島信二騎手
「いい位置で流れに乗れました。レースセンスはよさそうなので、チャンスはありそうです」


小倉2Rの2歳未勝利(芝1800m)は、1番人気ビジューミニョン(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒6。3馬身半差の2着に5番人気シゲルホウネンサイが、半馬身差の3着に6番人気カラーラビアンコがそれぞれ入線。

ビジューミニョンは栗東・吉村圭司厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母キュートエンブレム(母の父ウォーエンブレム)。通算成績は3戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 ビジューミニョン 浜中俊騎手
「完勝でした。まだ道中に気を抜いたり、逆に引っかかったりとムラのある馬ですが、それもよくなっていくと思います」

3着 カラーラビアンコ 松山弘平騎手
「内枠からうまく出て、前の馬の動きを見ながらレースができました。最後の直線は馬場のいいところに出して、よく伸びました。一度レースを使って変わってきましたが、さらによくなってきそうです」

5着 セイカフォルテシモ 太宰啓介騎手
「楽な感じでマイペースの競馬ができました。最後までしぶとく脚を使いましたし、こういうレースを続けていけばチャンスはあると思います」