【北九州記念】栗東レポート~ルナフォンターナ [News]
2014/08/20(水) 17:16
 24日(日)に小倉競馬場で行われるサマースプリントシリーズ第4戦=第49回北九州記念(GIII・芝1200m)に出走するルナフォンターナ(牝5、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●ルナフォンターナについて池江泰寿調教師
「CBC賞は重賞初挑戦にしてはハンデが重かったですし、だいぶ馬場の内が荒れているところに内枠で馬場の悪いところを通らされてしまったので、8着という結果は致し方なしだったかと思います。レースを走ったなりの疲れはありましたが、重い馬場を走ったから疲れが大きかったという訳でもありませんでした。中間は吉澤ステーブルへ短期放牧に出して、帰ってきてからは先週、今週と追い切りをこなして来ました。

 今朝はCウッドコースで単走、5ハロンの追い切りでした。他の厩舎の馬と調教が重なって外側に2頭、内側にも1頭いて4頭併せのような形でしたが、無理なく、予定通りの追い切りができたと思います。軽く流しただけでしたが動きもキビキビしていましたね。

 中団から差す馬ですが、小倉はスパイラルコースで割と差しも届くコースですから大丈夫でしょう。重賞を勝っていない馬でも勝っている馬と同じ55キロ、牡馬換算で57キロというのはちょっと見込まれた気もしますが...。

 あとはとにかく、良馬場でやりたいですね。切れ味のある馬ですから、その辺りを見て頂けたらと思っています」

(取材:大関隼)