【夏木立賞】(東京)~後方から伸びてラシーマ [News]
2013/05/11(土) 15:51
東京9Rの夏木立賞(3歳500万下、芝2000m)は8番人気ラシーマ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分0秒8(稍重)。1馬身1/2差2着に4番人気アポロカーネル、さらに1馬身1/4差で3着に6番人気マイネルランスタンが入った。

ラシーマは美浦・星野忍厩舎の3歳牡馬で、父アドマイヤマックス、母ルミナスカラー(母の父ヘクタープロテクター)。通算成績は13戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ラシーマ(浜中騎手)
「展開も枠も良く、うまくいきました。直線も伸びてくれて、思った以上に走りました。距離はこの2000mくらいがいいでしょう」

2着 アポロカーネル(田辺騎手)
「この前は、人気の馬を見ながら伸びずに詰まってしまい、脚を余していましたが、今日はしっかりと伸びてくれました。状態も良かったです」

3着 マイネルランスタン(蛯名騎手)
「弾けるかなと思ったところがありましたが、最後はジリジリという感じでした。ローカルで勝ち上がっている馬ですから、それにしてはよく頑張っています。トモがしっかりしてくれればと思いますし、これからの馬ですから、徐々に良くなっていけばと思います」

8着 マンインザムーン(北村宏騎手)
「平均よりもタイトな流れで、息を入れるところがなく、頑張らされている感じでした」