【ライラック賞】(札幌)~長期休養明けのマイネルディーンが制す [News]
2014/08/17(日) 17:01
札幌12Rのライラック賞(3歳以上1000万下・芝2000m)は、3番人気マイネルディーン(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒6。1馬身1/4差の2着に5番人気プレミアムタイムが、1馬身1/4差の3着に8番人気カーバがそれぞれ入線。

マイネルディーンは美浦・鹿戸雄一厩舎の5歳牡馬で、父ダンスインザダーク、母ムービースクリーン(母の父トニービン)。通算成績は19戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 マイネルディーン 三浦皇成騎手
「返し馬での馬の感触がよくて、これならいい競馬ができると思いました。ですから、自信を持って前をつかまえにいく競馬をしました。能力を感じますし、無事にいって欲しいです」

5着 ロジテール 勝浦正樹騎手
「直線、ジワジワと伸びています。前との差もそれほどありませんから、チャンスはあると思います」

7着 レッドシャンクス 四位洋文騎手
「ゲートがよくありませんでした。今日は2000mの外枠で無理なく好位につけられましたが、ゲートがスムーズでないとこのクラスでは厳しくなります」