【西部日刊スポーツ杯】(小倉)~ホッコーサラスターが早め先頭から押し切る [News]
2014/08/17(日) 16:35
小倉10Rの西部日刊スポーツ杯(3歳以上1000万下・芝1200m)は、5番人気ホッコーサラスター(武幸四郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3。1馬身差の2着に1番人気シンデレラボーイが、ハナ差の3着に2番人気ホープタウンがそれぞれ入線。

ホッコーサラスターは栗東・飯田祐史厩舎の3歳牝馬で、父ヨハネスブルグ、母ホッコーメモリー(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は8戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ホッコーサラスター 武幸四郎騎手
「イレ込みを考慮して、滞在して小倉で最終追い切りを行いました。その追い切りに騎乗したのですが、いい動きでした。ただ、今日もかなりイレ込んでいましたが、レースはうまくいきました。関係者の努力が実りましたね」

2着 シンデレラボーイ 浜中俊騎手
「上手に競馬をしてくれました。最後も地力を発揮して踏ん張ってくれました」

3着 ホープタウン 幸英明騎手
「トモがまだパンとしていないので、できるだけ外のいいところを通ったのですが、内の馬にやられました。少しわかりにくい馬場ですね。でも、力負けではありませんし、チャンスはすぐに来ると思います」

4着 ケイアイウィルゴー 和田竜二騎手
「外枠の分、前半は内へ入れることができず、折り合いを欠きました。それに久々もあって、最後は止まってしまいました。でも、今日の感じから次は変わってきそうです」

5着 シンジュボシ 川田将雅騎手
「前半はリズムよく行けましたが、外から突っ張ってきた馬に絡まれたくなかったので、1つポジションを下げたら前がカベになり、もったいないレースになってしまいました」