【メイクデビュー】(新潟5~6R)~ミッキーユニバース、グラスエトワールが勝利 [News]
2014/08/17(日) 16:15
新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1800m)は、1番人気ミッキーユニバース(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒8。3馬身差の2着に3番人気エバーハーモニーが、3馬身半差の3着に4番人気マイネルフレッチャがそれぞれ入線。

ミッキーユニバースは美浦・藤沢和雄厩舎の2歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母レディオブチャド(母の父Last Tycoon)。

レース後のコメント
1着 ミッキーユニバース 北村宏司騎手
「他の馬を行かせてと思ったのですが、スタートを上手に出て、誰も行かなかったので押し出される感じでハナに立ちました。物見をしていましたが、最後まで馬は冷静でしたし、スイッチが入らないまま終わってしまった感じです」

2着 エバーハーモニー 藤岡康太騎手
「この馬自身、乗り手に従順で、しっかり脚を使っていますが、逃げた馬にこの馬場であの上がりを使われてしまっては仕方ありません。負けはしましたが、この馬もすごくいいモノを持っています」

3着 マイネルフレッチャ 柴田大知騎手
「体が緩い分、前半ダッシュがつかず、後方からになりました。リズムよく走らせ、徐々に進んでいく感じで、最後はいい脚を使ってくれました。この馬はいいところがたくさんありますし、まだまだよくなると思います。楽しみな馬です」


新潟6Rのメイクデビュー新潟(ダート1200m)は、10番人気グラスエトワール(木幡初広騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒8。1馬身半差の2着に1番人気ウォリアーズソウルが、2馬身半差の3着に9番人気トウショウカウントがそれぞれ入線。

グラスエトワールは美浦・牧光二厩舎の2歳牝馬で、父ヴァーミリアン、母グラスブロード(母の父Fusaichi Pegasus)。

レース後のコメント
1着 グラスエトワール 木幡初広騎手
「フワフワしていたので、直線では抜け出すのをギリギリまで我慢していました。追ってからはしっかりと伸びてくれました。乗りやすく、素直な馬です。一回使ってからかと思っていましたが、初戦からいいところを見せてくれました」

2着 ウォリアーズソウル 蛯名正義騎手
「あれで負けたら仕方がありません。この馬も走ってはいるのですが......」

3着 トウショウカウント 原田和真騎手
「スタートのタイミングがずれて、行き脚がつきませんでした。道中も包まれる形だったので、もう少し前に行ければよかったです。それでもやる気をなくさず走っていて、乗りやすい馬です。もっと走りやすいポジションにつけられたらよかったです。まだヤンチャなところがありますし、次はさらにがんばれるでしょう」

4着 ジョーアラタ 北村宏司騎手
「様子をうかがいながらゲートを出る感じになりました。前半は気をつかいながら、徐々に前へつける競馬でした。次は慣れが見込めるので、前半もっとスムーズに行けるかもしれません」