【新潟日報賞】(新潟)~バクシンテイオーが直線突き抜ける [News]
2014/08/16(土) 17:07
新潟11Rの新潟日報賞(3歳上1600万下ハンデ、芝1400m)は6番人気バクシンテイオー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒0(稍重)。2馬身差2着に8番人気プランスデトワール、さらにハナ差で3着に1番人気カオスモスが入った。

バクシンテイオーは美浦・堀宣行厩舎の5歳牡馬で、父サクラバクシンオー、母アウトオブザウィム(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は14戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 バクシンテイオー(戸崎騎手)
「馬は落ち着いていました。ポジションは後ろになるとは思っていましたが、道中リズムよく行けました。終いは思っていた以上に切れました。なかなかのモノですよ。距離はこれくらいがいいと思います」

2着 プランスデトワール(田辺騎手)
「終いの脚に徹しようと思っていたので、位置取りはどこでもいいと考えていました。割とうまく行きましたが、勝ち馬とは切れ味が違いました。この馬自身としてはよく頑張っています」

3着 カオスモス(岩田騎手)
「今日は包まれるところがあって、力を出し切れませんでした」

4着 モグモグパクパク(蛯名騎手)
「ハナに行けたらとも思いましたが、内から出た馬を待っていたら横並びになり、結局、外を回らされる形になってしまいました。もう少し内めに入られたら違っていたと思います」

5着 アラフネ(伊藤工騎手)
「距離を短くして、うまく折り合いがつきました。終いを生かす競馬で、最後は脚をよく使っています。勝ち馬を別にすれば、他の馬と差のない競馬でしたから、よく走っています」