【フェニックス賞】(小倉)~レオパルディナがデビュー2連勝 [News]
2014/08/16(土) 16:08
小倉9Rのフェニックス賞(2歳オープン、芝1200m)は3番人気レオパルディナ(武幸四郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒0(稍重)。1/2馬身差2着に2番人気クールホタルビ、さらに1馬身1/4差で3着に8番人気マルトクビクトリーが入った。

レオパルディナは栗東・高橋康之厩舎の2歳牝馬で、父スニッツェル、母ビオンドパンテーラ(母の父Seeking the Gold)。通算成績は2戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 レオパルディナ(武幸騎手)
「今日はレース前、ピリピリとして心配しましたが、レースではそんな素振りもなく大丈夫でした。ハナに行っても良かったのですが、そんなレースしか出来なくなるので...。今日は色々と収穫がありました」

2着 クールホタルビ(小牧騎手)
「完全に逃げ切りペースだったのですが...。最後に怯んでしまいました」

3着 マルトクビクトリー(太宰騎手)
「スタートで挟まれて、ポジションが後ろになってしまいました。ロスがあっても追い上げて、能力は高かったと思います」

4着 ノーブルルージュ(高倉騎手)
「ずっと外へふくれて、力を使ってしまっています。いざ追い出しても伸びてくれませんでした」