【メイクデビュー】(小倉5R、6R)~ダノンメジャー、デイドリームが勝利 [News]
2014/08/10(日) 15:17
小倉5Rのメイクデビュー小倉(2歳新馬、芝1800m)は1番人気ダノンメジャー(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒3(稍重)。1馬身3/4差2着に4番人気サンデーウィザード、さらにハナ差で3着に6番人気ブルローネが入った。

ダノンメジャーは栗東・橋口弘次厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ヴィヤダーナ(母の父Azamour)。

~レース後のコメント~
1着 ダノンメジャー(小牧騎手)
「ゲートを出てくれましたし、能力を信じて乗りました。2歳馬らしからぬ反応の良さがあります。大物が出てきましたね」

4着 グランアルマダ(酒井騎手)
「馬群を捌く器用なタイプではないので、早めにいい位置を取りに行きました。ラストは少し内にモタれて苦しそうな面を見せていましたが、よく辛抱していました。大型でいかにも使いつつの馬ですし、レースに慣れてくればもっと走れるようになるでしょう」

12着 リベルタンゴ(川田騎手)
「ずっと物見をして外へ逃げてしまい、進んで行かないままでした。もう少し慣れが必要でしょう」


小倉6Rのメイクデビュー小倉(2歳新馬、牝馬限定、芝1200m)は6番人気デイドリーム(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒0(稍重)。2馬身1/2差2着に10番人気ココロナルハ、さらに3馬身差で3着に8番人気フィールドスラッピが入った。

デイドリームは栗東・高橋義忠厩舎の2歳牝馬で、父アドマイヤムーン、母シルクヴィーナス(母の父ティンバーカントリー)。

~レース後のコメント~
1着 デイドリーム(国分恭騎手)
「返し馬からいい走りをしていたので、これはと思いました。まだ競馬を分かっていない感じで走っていましたから、これからもっと良くなりそうです」

2着 ココロナルハ(小牧騎手)
「出遅れがもったいなかったですね。素直でいい走りをします」

5着 マイティティー(田辺騎手)
「調教で動いていたみたいなので、意識してポジションを上げて行ったのですが、止まってしまいました。瞬発力はありそうですが、まだ子供っぽさがあります」

15着 ハタノシュヴァリエ(鮫島騎手)
「初めての競馬で、周りをキョロキョロ見ながら走っていました。距離ももう少しあった方が、と思います」