【ダリア賞】(新潟)~ワキノヒビキが大外一気でV [News]
2014/08/09(土) 16:23
新潟9Rのダリア賞(2歳オープン・芝1400m)は、7番人気ワキノヒビキ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒3。2馬身半差の2着に12番人気ナイアガラモンローが、クビ差の3着に3番人気コスモピーコックがそれぞれ入線。

ワキノヒビキは栗東・清水久詞厩舎の2歳牡馬で、父オンファイア、母ワキノバクシン(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は3戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ワキノヒビキ 北村宏司騎手
「モタれるところがある馬ですが、外からスムーズに競馬ができましたし、折り合いもつきました。今後はモタれる面がよくなってくれば、さらにいいと思います」

2着 ナイアガラモンロー 柴田善臣騎手
「ソエを気にしていたのか、走りのバランスが悪かったです。それでもこれだけやれるのだから、いい馬になりそうです。このあと少し休養するようですから、今後さらによくなると思います」

3着 コスモピーコック 戸崎圭太騎手
「新馬戦のときより馬はよくなっていて、反応もよかったです。この馬なりにがんばって走っていたと思います」

6着 ホワイトエレガンス 蛯名正義騎手
「新馬戦のときと違って、馬場を気にしていたのか、突っ張って走っていました。バランスが悪かったです。伸びかかってやめるようなところがありました」