【メイクデビュー】(新潟5~6R)~ダノンリバティ、バリアーモが勝利 [News]
2014/08/09(土) 16:19
新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1800m)は、1番人気ダノンリバティ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒6。クビ差の2着に3番人気スモーキーナイトが、3馬身半差の3着に14番人気エミネスクがそれぞれ入線。

ダノンリバティは栗東・音無秀孝厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母スカーレットベル(母の父エリシオ)。

レース後のコメント
1着 ダノンリバティ 戸崎圭太騎手
「モタモタしていましたが、エンジンがかかってからの伸び脚はよかったです。距離は延びても大丈夫ですし、今後が楽しみな馬です」

2着 スモーキーナイト 石橋脩騎手
「いい馬です。コーナーで後ろに入れることができて、スムーズに競馬ができました。勝ち馬には見えないところから一気に来られてしまいましたが、いいモノを持っています」

3着 エミネスク 田中勝春騎手
「稽古では走りませんでしたが、レースに行ったら走ってくれました。一度使われてまたよくなると思います」

4着 トーホウスペンサー M.エスポジート騎手
「ゲートの中でもレース中でも周りの馬に気をつかって走っていました。馬の将来性を考えて、馬まかせに走らせました。まだ子どもなところもありますが、今後楽しみな馬です」


新潟6Rのメイクデビュー新潟(芝1400m)は、3番人気バリアーモ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒7。クビ差の2着に1番人気ストリートオベロンが、1馬身1/4差の3着に6番人気ヤマタケマツリがそれぞれ入線。

バリアーモは美浦・高橋裕厩舎の2歳牝馬で、父シンボリクリスエス、母リビアーモ(母の父アドマイヤベガ)。

レース後のコメント
1着 バリアーモ 北村宏司騎手
「走りのリズムもよく、スムーズなレースができました。レース前はかかる気性を気にしていましたが、上手に走っていたと思います」

2着 ストリートオベロン 岩田康誠騎手
「最後は同じ脚色になってしまいましたが、センスがいいし、背中のいい馬です」

3着 ヤマタケマツリ 田中勝春騎手
「素直で乗りやすい馬。一回使って次はいいと思います」