【九州スポーツ杯】(小倉)~サトノアラジンが3馬身差でV [News]
2014/08/09(土) 16:16
小倉11Rの九州スポーツ杯(3歳以上1000万下・芝2000m)は、1番人気サトノアラジン(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒9。3馬身差の2着に2番人気バッドボーイが、3/4馬身差の3着に3番人気カナロアがそれぞれ入線。

サトノアラジンは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母マジックストーム(母の父Storm Cat)。通算成績は7戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 サトノアラジン 浜中俊騎手
「このクラスでは力が上でした。1コーナーまで少しかかるところはありましたが、強かったですね。まだ馬体に緩い面がありますし、成長の余地を残しています。楽しみです」

池江泰寿調教師のコメント
「浜中騎手も毎週追い切りに乗って手の内に入れてくれましたし、安心して見ていられました。オーナーと相談になりますが、このあとはセントライト記念か神戸新聞杯を使って、菊花賞に向かうことになると思います」

4着 メイショウブシン 幸英明騎手
「切れ味勝負では分が悪いと思ったので、自分から動いて行きました。ただ、3~4コーナーで外を回る形になった分の差が出ました」