【小倉記念】栗東レポート~メイショウナルト [News]
2014/08/06(水) 17:16
 10日(日)に小倉競馬場で行われる第50回小倉記念(GIII・芝2000m)に出走するメイショウナルト(セン6、栗東・武田博厩舎)について、武田博調教師のコメントは以下の通り。

●メイショウナルトについて武田博調教師(追い切りは木曜日に小倉競馬場で行う予定)
「七夕賞は復活した、というよりも、いつ走っていつ走らないのか分からない馬なので、結果で喜んだり悲しんだりというところでした。途中でやめてしまうような競馬が最近は多かったので、ゴールするまでは分からない状態でしたね。

 前走にしても、変わってきそうな雰囲気があったかと言うと...。(レースで)いざこれから、という所で動かない事が多かったので、そこから動いてくれるのかというのは分かりませんでした。冬はちょっと硬くなる馬なのでいつも放牧に出していて、暑い時季になると体調が良くなってくる馬ではあるんですが。

 前走からさらに上積みがあるかとなると分かりませんが、良い状態を維持できています。1週前の調教の動きも良かったですね。振り返ってみれば、直線の長いコースよりは小回りでコーナー4つのコースのほうが良いのかな、という気はしています。去年も勝った小倉ですし、また頑張って欲しいですね。

 ハンデに関しては、重賞を勝っていますし仕方ないでしょう。56キロで勝っていますし、それほど心配していません。むしろ週末の天気のほうが気になりますが、去年このレースを勝ったときもそれほど良い馬場ではなかったですし、その中でも好時計で走っていますから、道悪は苦手ではないと思っています。一生懸命走ってくれるかどうか、そこに尽きるでしょう。(今回は一生懸命走ってくれそうな直感は?という問いに)ゴールに入ってみないと分からない馬ですからね...。その気になってくれれば十分戦えると思いますから、馬に『お願い』という気持ちです」

(取材:大関隼)