【レパードステークス】美浦レポート~アナザーバージョン [News]
2014/08/06(水) 13:07
 今月10日(日)新潟競馬場で行われる第6回レパードステークス(GIII)に登録をしているアナザーバージョン(牡3、美浦・久保田貴士厩舎)について、追い切り後の久保田貴士調教師のコメントは以下の通り。※抽選対象馬

(前走の彦星賞2着を振り返って)
「非常にスムーズな競馬で、あの馬自身の競馬はできたと思います。前を早めに捕まえに行って、抜け出して、というところまでは思っていた通りだったのですが、勝ち馬が一気に脚を使ってきて、並ぶ間もなく交わされました。前に行って、強い競馬をしてくれたのですが、結果2着だったという感じのレースでした。」

(最近のレースぶりを見た印象は?)
「ここ何戦か使うごとに馬は競馬が上手になってきました。2走前から付け始めたブリンカーの効果もあるのか、非常に集中して走ってくれるようになってきました。元々、ここに出てくる馬たちの中で何頭かとは良い勝負をしていた馬ですし、能力はある馬だと思っています。」

(前走後の調整について)
「前走後はここを目標にやってきましたし、先週、今週と追い切ることもできました。中2週で暑い時期ですし、順調に使っている馬なので、そこまでビッシリとは行かなくても、この馬のリズムを大事にして仕上げてきました。」

(今日の調教について)
「今回はエスポジート騎手に乗ってもらうので、調教でも乗ってもらいました。最後は後ろから来た馬に併せるだけの調教で、馬は出来上がっていますし、気を抜かせないようにだけ指示しました。」

(エスポジート騎手とのコンビについて)
「特に癖がない馬です。ここ何戦かは違う乗り役に乗ってもらったりしながらでも、勝ちはしませんでしたが、好成績も残せています。ですから、特に誰が乗るということは、そんなにこだわってはいません。」

(新潟のコースについて)
「この馬の場合は、スムーズな競馬さえできれば、力を出してくれると思います。(左・右の)回りに関してはあまり気にしていません。実績があって、強い馬たちもいます。胸を借りる立場ですが、思い切った競馬で、何とかどこかでチャンスを見つけたいと思っています。頑張ります。」

(取材:米田元気)