【レパードステークス】美浦レポート~ニシノゲンキマル [News]
2014/08/06(水) 13:04
 今月10日(日)新潟競馬場で行われる第6回レパードステークス(GIII)に登録をしているニシノゲンキマル(牡3、美浦・尾形充弘厩舎)について、追い切り後の尾形充弘調教師のコメントは以下の通り。※抽選対象馬

(前走の500万での逃げ切りを振り返って)
「思ったよりスタートが良かったです。戸崎騎手もハナに行くつもりはなかったのでしょうが、押し出されるような形で、後ろからつつかれて、競馬としてはかなりきつい展開でした。結果的にはよく逃げ切ってくれました。ついてきた馬はみんな後方に沈んでいましたから、良い競馬だったかなと思っています。」

(2勝とも逃げ切りだが、この形が合っているのか?)
「どうでしょうか。控えても競馬ができるとは思っているのですが。ここに来て馬がすごく充実してきています。この暑さの中でも調子を落とさず頑張っていますので、今回のレースはぜひ使ってみたいです。」

(前走後の調整について)
「10日ほどは完全に楽をさせました。今日調教をやりましたが、動きは非常に良かったです。結果は明日の抽選で分かりますが、出られると信じて今日やっています。申し分のない状態だと思います。」

(柴田大知騎手と初コンビについて)
「柴田騎手が運良く空いていましたし、乗れているジョッキーですから、この馬の良い所を引き出してくれると思います。そんなに難しい馬ではないので、大丈夫だと思います。」

(他のメンバーについて)
「相手のことは特に考えていません。当然、賞金を稼いでいる馬が上位を占めるのでしょうが、同じ3歳、サラブレッドですから、恐るるに足らずという気持ちで行きます。ダート巧者といえるほどの十分な体を持っていますし、2勝してきた馬の中でも、ある程度力量はあるとふんでいます。将来のためにも、ぜひ見所のある競馬をしてもらいたいです。」

(取材:米田元気)