【KBC杯】(小倉)~初ダートのトウシンイーグルが3馬身差で快勝 [News]
2014/08/02(土) 16:57
小倉11RのKBC杯(3歳以上1600万下・ダート1700m)は、8番人気トウシンイーグル(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分42秒9。3馬身差の2着に1番人気ワンダーアシャードが、1馬身1/4差の3着に4番人気キングヒーローがそれぞれ入線。

トウシンイーグルは栗東・山内研二厩舎の6歳セン馬で、父ハーツクライ、母エリモアメジスト(母の父Seattle Slew)。通算成績は37戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 トウシンイーグル 和田竜二騎手
「返し馬の感じがよかったので、ダートでもやれそうだと感じました。スタートはそれほどよくなかったのですが、内を立ち回ってうまく差を詰めていけました。ダートに適性があったということでしょう」

4着 サクラブライアンス 北村友一騎手
「内枠からうまく立ち回れました。この時計の速い馬場でよくがんばっています」

5着 サイモンガーランド 酒井学騎手
「道中もスムーズに運べて、直線もうまく前が開いて伸びてくれましたが、内の馬も止まらずに伸びていました。ただ、時計の速い決着の中、しっかりと走ってくれましたし、ダートならこれぐらいはやれていい馬です」