【メイクデビュー】(小倉5R)~メイショウオヤシオとオーミアリスが同着V [News]
2014/08/02(土) 15:30
小倉5Rのメイクデビュー小倉(芝1200m)は、3番人気メイショウオヤシオ(松山弘平騎手)とオーミアリス(北村友一騎手)が同着で1着となった。勝ちタイムは1分09秒8。2馬身差の3着に5番人気シゲルチャグチャグが入線した。

メイショウオヤシオは栗東・浅見秀一厩舎の2歳セン馬で、父メイショウボーラー、母メイショウガーベラ(母の父Kris S.)。

オーミアリスは栗東・藤沢則雄厩舎の2歳牝馬で、父ホワイトマズル、母ポットアカデミー(母の父Royal Academy)。

レース後のコメント
1着(同着) メイショウオヤシオ 松山弘平騎手
「2番手につけられて、追ってからの反応もよく、残念ながら同着になってしまいましたが、よくがんばって走ってくれました。1回使ってさらによくなると思います」

1着(同着) オーミアリス 北村友一騎手
「スタート直後から外に張り出すような形で走るロスがありました。それでも直線で手前を替えてからはまっすぐ走って伸びてくれました。モタれることなく、スンナリなら差をつけて勝てたと思います」

4着 ディアエナ 小牧太騎手
「最後にひと脚使った形ですが、今日は前の馬が楽でしたし、馬ごみも気にしませんでしたから、次はもっとやれると思います」

5着 カシノツバサ 酒井学騎手
「いいスピードがありますし、跨ったときもいい感じでした。ただ、まだ体に余裕がありますし、外に張りながら走っていました。直線で手前を替えていればもっとがんばれたと思います。一回使って、次は変わってくるでしょう」