【2歳未勝利】(新潟1~2R)~ドラゴンゲート、ディアコンチェルトが勝利 [News]
2014/08/02(土) 15:17
新潟1Rの2歳未勝利(ダート1200m)は、1番人気ドラゴンゲート(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒0。半馬身差の2着に4番人気ムサが、3馬身半差の3着に5番人気ロックフォールがそれぞれ入線。

ドラゴンゲートは美浦・小西一男厩舎の2歳牡馬で、父メイショウボーラー、母デュークタイフーン(母の父フジキセキ)。通算成績は3戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 ドラゴンゲート 田辺裕信騎手
「ゲートは上手に出てくれました。思っていたのと違う馬が前に行ってペースが落ち着いた中、引っかかるのは想定内でした。それでも我慢できたのが終いの伸びにつながったのかもしれません」

2着 ムサ 嘉藤貴行騎手
「いいペースでした。勝ち馬の決め手が鋭く、最後は離されてしまいました。しかし、その他の馬は完封しているので、このぐらい走れれば次も楽しみです」

3着 ロックフォール 柴田善臣騎手
「だいぶ競馬を覚えてきました」

5着 オーロラッシュ 吉田豊騎手
「ゲートの中で横を向いて、ボコッという感じのスタートになりましたが、その後はスムーズに行けました。追ってから伸びてくれるかと思いましたが......」

6着 デルタタイム 大庭和弥騎手
「だいぶ走りがしっかりしてきました。3~4コーナーでもっとスムーズに捌けていればよかったです」


新潟2Rの2歳未勝利(芝1600m)は、6番人気ディアコンチェルト(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒7。ハナ差の2着に1番人気タンタアレグリアが、4馬身差の3着に7番人気レオフラッパーがそれぞれ入線。

ディアコンチェルトは美浦・高木登厩舎の2歳牡馬で、父サムライハート、母サイレントベッド(母の父ソウルオブザマター)。通算成績は2戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 ディアコンチェルト 柴田善臣騎手
「普段はおとなしいのですが、競馬に行くと気持ちの入る馬です。今日はコーナーをうまく回ってくれましたし、内容はよかったと思います」

2着 タンタアレグリア 北村宏司騎手
「初戦よりゲートの出は覚えてくれましたが、道中は常にうながしながらの追走でした。今日は周りを見たりして、集中力がそがれている感じでした」

4着 ニシノクラッチ 田辺裕信騎手
「もう少し馬が来ても怯まず、精神的に競馬に慣れてくればと思います」

8着 シーナリー 柴田大知騎手
「ギリギリまで追い出しを我慢したのですが、少し脚を使ってバタバタになってしまいました。追い出してからが良い馬なのですが、今日はよさが出ませんでした。こんな馬ではありませんし、次に期待します」