【エルムS】(札幌)~ローマンレジェンドが復活V [News]
2014/07/27(日) 17:08
札幌11Rのエルムステークス(3歳以上GIII・ダート1700m)は、3番人気ローマンレジェンド(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分41秒9。アタマ差の2着に5番人気クリノスターオーが、5馬身差の3着に10番人気インカンテーションがそれぞれ入線。

ローマンレジェンドは栗東・藤原英昭厩舎の6歳牡馬で、父スペシャルウィーク、母パーソナルレジェンド(母の父Awesome Again)。通算成績は19戦10勝となった。

レース後のコメント
1着 ローマンレジェンド 岩田康誠騎手
「調教の段階から復活の手応えはありましたが、見事に復活してくれました。ここを目標に、厩舎一丸となってやってきたことが実を結びました。この馬にとっては大きな勝利、大きなアタマ差だと思います」

2着 クリノスターオー 幸英明騎手
「悔しいですね。力は出してくれましたし、最後も差し返してくれているのですが、相手もまた伸びていました。ただ、安定して走ってくれるようになりましたし、秋が楽しみです」

3着 インカンテーション 大野拓弥騎手
「湿った馬場は合っています。行きっぷりが違います。休養明けでしたが、よくがんばってくれました」

4着 グランプリブラッド 三浦皇成騎手
「メンバーもメンバーですし、自分のリズムを崩さないように乗りました。狭いところを割って伸びてくれましたし、がんばってくれました」

5着 クリールパッション 津村明秀騎手
「がんばってくれました。3コーナーから追っつけ通しでしたが、差し返してくれました。まだ馬はフレッシュですし、若いですよ」

6着 ジェベルムーサ 田辺裕信騎手
「前残りの流れで小回りコースですから、後ろからの競馬は厳しいですね。雨が降ったことも心配な点でした」

7着 ソロル 松山弘平騎手
「1~2コーナーではいい位置にいましたが、その後はチグハグな競馬になり、動きたいときに動けませんでした。力を出し切れず、申し訳ない競馬になってしまいました」