【メイクデビュー】(札幌5~6R)~ジャズファンク、トウカイバレットが勝利 [News]
2014/07/27(日) 15:44
札幌5Rのメイクデビュー札幌(芝1800m)は、3番人気ジャズファンク(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒1。1馬身3/4差の2着に2番人気ウォーターラボが、ハナ差の3着に1番人気サトノラーゼンがそれぞれ入線。

ジャズファンクは栗東・角田晃一厩舎の2歳牡馬で、父ハービンジャー、母ピサノグラフ(母の父サンデーサイレンス)。

レース後のコメント
1着 ジャズファンク 池添謙一騎手
「調教で乗ったときにいい印象を受けましたが、その調教通りのレースでした。スタートについてはあまりゲートの出は速くないと聞いていましたが、しっかりと出てくれました。ペースが遅くて、さすがに少しハミを噛むところがありましたが、馬の後ろにつけて何とか我慢してくれました。最後は狭いところからしっかり伸びてくれました。これからまだまだよくなるでしょうし、今後が楽しみです」

3着 サトノラーゼン 福永祐一騎手
「勝った馬は強かったです。こちらが止まっているわけではないのに、あっさり交わされましたからね。すごく乗りやすい馬ですが、今日は相手が悪かったです」


札幌6Rのメイクデビュー札幌(ダート1700m)は、3番人気トウカイバレット(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒9。3/4馬身差の2着に2番人気マイネルオフィールが、4馬身差の3着に6番人気レッツイットランがそれぞれ入線。

トウカイバレットは栗東・安田隆行厩舎の2歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母オータムブリーズ(母の父ティンバーカントリー)。

レース後のコメント
1着 トウカイバレット 勝浦正樹騎手
「終始、上手に競馬をしてくれました。まだ若さが残っていますし、上積みはあると思います」

3着 レッツイットラン 菱田裕二騎手
「気性的に新馬戦向きではないと思っていましたが、よくがんばってくれました。次はもっとよくなると思います」

4着 ウインエアフォース 三浦皇成騎手
「返し馬の段階からフットワークが調教のときと違っていました。調教通りなら勝てると思っていたのですが、今日はこの馬のよさが出ないまま終わってしまいました」

5着 サンアルパイン 松岡正海騎手
「押し出される形になってしまいました。使ってよくなりそうですから、上積みに期待です」