【桶狭間S】(中京)~アスコットシチーが逃げ切り勝ち [News]
2014/07/26(土) 16:51
中京11Rの桶狭間ステークス(3歳上1600万下ハンデ、ダート1400m)は4番人気アスコットシチー(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒9(良)。1馬身1/2差2着に5番人気ミッキーヘネシー、さらに2馬身差で3着に11番人気モエレジュンキンが入った。

アスコットシチーは栗東・作田誠二厩舎の5歳牡馬で、父ケイムホーム、母リボンシチー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は22戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 アスコットシチー(浜中騎手)
「逃げるつもりはありませんでしたが、内の馬が前へ出て行かなかったので、自然とハナに立つ形になりました。こういう形になると強いようです。いい競馬をしてくれました」

2着 ミッキーヘネシー(小牧騎手)
「砂を被らないように馬群の外を回ってうまくレースが出来ました。直線もよく伸びています。揉まれなければ1800mより1400mの方が合っている馬だと思います」

3着 モエレジュンキン(和田騎手)
「これまで乗った中で一番いい状態でした。追ってから内にモタれましたが、それがなくて普通に追えていれば、もう少し頑張れたと思います」

4着 シンキングマシーン(大野騎手)
「この馬としては脚を使っているのですが、流れの割に前の馬が止まりませんでした」

5着 ピンウィール(川島騎手)
「直線、伸びかけたところで挟まれる不利がありました。そこからまたしっかり伸びただけに残念なレースでした」