【白河特別】(福島)~シーブリーズライフが好位から抜けて押し切る [News]
2014/07/26(土) 16:44
福島11Rの白河特別(3歳上1000万下ハンデ、芝1200m)は1番人気シーブリーズライフ(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒2(良)。アタマ差2着に5番人気ユキノアイオロス、さらにクビ差で3着に3番人気ジーニマジックが入った。

シーブリーズライフは美浦・菊川正達厩舎の4歳牝馬で、父アドマイヤジャパン、母プレシャスライフ(母の父タイキシャトル)。通算成績は16戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 シーブリーズライフ(田中勝騎手)
「何とか凌いでくれました。うまく流れに乗れたと思います」

(菊川正達調教師)
「前走は、間が空いていて完調一歩手前の状態でした。今日は何とかねじ伏せてくれました。今後も良くなってくる余地があります。次走については、馬の様子を見て決めたいと思います」

2着 ユキノアイオロス(蛯名騎手)
「1回は前に出て、抜けるかと思いましたが、最後は気の悪さを出して止まってしまった感じです。早めに先頭に立った訳ではないのですが、もっと我慢した方が良かったのでしょうか。勝ったと思っただけに悔しいです。しかし、以前のように掛からなくなりました。落ち着いていて、終いも確実に伸びてくれます」

4着 ヤサカオディール(的場騎手)
「体調は最近ずっと良く、今日は一番いいくらいでしょうか。いいところで競馬が出来ましたし、状態の良さが出たのではないでしょうか」