【函館記念】(函館)~ラブイズブーシェが重賞初制覇 [News]
2014/07/20(日) 17:32
函館11Rの函館記念(3歳以上GIII・芝2000m)は、2番人気ラブイズブーシェ(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒1。3/4馬身差の2着に8番人気ダークシャドウが、1馬身半差の3着に7番人気ステラウインドがそれぞれ入線。

ラブイズブーシェは栗東・村山明厩舎の5歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母ローリエ(母の父メジロマックイーン)。通算成績は23戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 ラブイズブーシェ 古川吉洋騎手
「函館に入り、日が経つにつれて落ち着きが出て、馬はいい感じでした。ゲートは悪かったのですが、内枠ですし、内から行くつもりでした。向正面で外に出せるスペースがあったので、思い切って外に出しました。手応えがすごくよかったですし、あとはタイミングだけでした。長く脚を使える馬ですから、自信を持っていきました。今日は馬がよくがんばってくれました。これからも応援して下さい」

2着 ダークシャドウ N.ローウィラー騎手
「全体的にはいい感じで運べました。残り600mでは勝ったと思ったくらいでしたが、勝った馬の方が末脚は上でしたね。この馬にはもう少し直線の長いコースが合っていると思います。だいぶ調子のよかった頃の感じに戻っていると思います」

3着 ステラウインド 三浦皇成騎手
「馬は落ち着いていましたし、調教から息遣いも問題ないとわかっていました。内々で直線まで我慢できましたから、脚を使ってくれると思いました。馬は成長してよくなっています」

4着 アドマイヤフライト 藤岡康太騎手
「もっと前の位置が欲しかったのですが、なかなか進んでいかず、厳しい位置になってしまいました。それを考えると、よく脚を使ってくれましたし、力のあるところを見せてくれました」

5着 シゲルササグリ 四位洋文騎手
「速い脚はないと聞いていたので、早め早めの意識でした。勝ち馬には一気に行かれてしまいましたが、ジリジリ伸びてよくがんばってくれたと思います」