【北斗特別】(函館)~ブレークビーツが逃げ切る [News]
2014/07/20(日) 17:15
函館9Rの北斗特別(3歳以上500万下・芝1800m)は、7番人気ブレークビーツ(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒5。1馬身1/4差の2着に3番人気ツクバアズマオーが、アタマ差の3着に2番人気ヴィジャイがそれぞれ入線。

ブレークビーツは栗東・角田晃一厩舎の4歳セン馬で、父ジャングルポケット、母ラバンディエーラ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は11戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ブレークビーツ 秋山真一郎騎手
「楽に行けましたし、今は馬の具合がいいのだと思います。いいタイミングで乗せてもらいました」

2着 ツクバアズマオー 勝浦正樹騎手
「前走の敗因がわからなかったのですが、今日は馬が落ち着いていましたし、最低でもこれくらいは走れる馬です」

4着 アルテ 村田一誠騎手
「まだトモが甘いので、最後の踏ん張りがききません。そこがよくなれば、この馬はもっと走ると思います」

5着 トウケイゴールド 長岡禎仁騎手
「前残りの競馬になりそうな感じでしたから、自分から動いていきましたが、最後までがんばってくれました。次もがんばってくれると思います」

6着 ドラゴンレジェンド 三浦皇成騎手
「馬の雰囲気はよく、いい感じで運べました。ただ、馬場が緩くてバランスを崩していました。残念です」