【メイクデビュー】(中京5R、6R)~タガノヴェルリー、グラブザフラッグが勝利 [News]
2014/07/19(土) 15:13
中京5Rのメイクデビュー中京(2歳新馬、芝1200m)は2番人気タガノヴェルリー(Z・パートン騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒1(稍重)。1馬身3/4差2着に5番人気ムーンエクスプレス、さらに1馬身1/2差で3着に1番人気ハルマッタンが入った。

タガノヴェルリーは栗東・今野貞一厩舎の2歳牝馬で、父ホワイトマズル、母タガノデムジュール(母の父ストラヴィンスキー)。

~レース後のコメント~
1着 タガノヴェルリー(パートン騎手)
「陣営からは、控えてもいいと言われていましたが、馬が自分からスタートを出て行ったので、そのまま行きました。まだ物見をしているし、集中力を欠いていますが、次は良くなるでしょう」

3着 ハルマッタン(武豊騎手)
「スピードはありますが、コーナーで膨らみましたし、まだビシッと調教をやっていない分、バテてしまいました。次はいいと思います」


中京6Rのメイクデビュー中京(2歳新馬、ダート1400m)は5番人気グラブザフラッグ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒6(稍重)。1馬身3/4差2着に6番人気ニホンピロサンダー、さらにクビ差で3着に4番人気タイユールが入った。

グラブザフラッグは栗東・中竹和也厩舎の2歳牡馬で、父Tapit、母Cornelia(母の父Forty Niner)。

~レース後のコメント~
1着 グラブザフラッグ(松山騎手)
「序盤はあまりついて行けなかったのですが、直線で外に持ち出してからは気持ち良く伸びてくれました。力強い走りを見せてくれました」

2着 ニホンピロサンダー(酒井騎手)
「初戦ということもあって馬に少し気が入っていなかったのですが、癖もなく素直な馬です。いい脚を使っていますが、今日は勝った馬の決め手が上でした。それでもよく頑張ってくれました」

3着 タイユール(北村友騎手)
「体に芯が入って集中力が増してくれば、もっとやれそうです」

10着 キンシノホマレ(武豊騎手)
「直線を向いたところで手応えがなくなりました。ちょっと分かりません」