【北海ハンデキャップ】(函館)~ラブラドライトがハナ差しのぐ [News]
2014/07/13(日) 16:26
函館10Rの北海ハンデキャップ(3歳以上1000万下・芝2600m)は、3番人気ラブラドライト(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分39秒5。ハナ差の2着に9番人気フィルハーマジックが、2馬身差の3着に6番人気ランフォージンがそれぞれ入線。

ラブラドライトは栗東・音無秀孝厩舎の5歳セン馬で、父キングカメハメハ、母タンザナイト(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は13戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 ラブラドライト 池添謙一騎手
「先手を主張する馬もいたので、無理せず内の3番手につけました。よく我慢して走っていたと思います。最後も内の狭いところからしっかりと伸びてくれました。プラス体重で心配しましたが、ここでは力が違いました」

2着 フィルハーマジック 丸田恭介騎手
「縦長でスタミナを生かす、いい形になったと思います。この馬の好走する条件は揃っていたのですが......。もう少しでした」

3着 ランフォージン 菱田裕二騎手
「ペースが速くなると思っていたので、後ろから3番手のいい位置でレースができました。最後の反応がいまひとつでしたが、休み明けの分もあったと思います。ここを使って次はよくなるのではないでしょうか」