【清洲特別】(中京)~アドマイヤイナズマが直線半ばで抜け出す [News]
2014/07/13(日) 16:12
中京9Rの清洲特別(3歳以上500万下・芝1400m)は、2番人気アドマイヤイナズマ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒5。1馬身3/4差の2着に1番人気ゼウスが、3/4馬身差の3着に5番人気リスヴェリアートがそれぞれ入線。

アドマイヤイナズマは栗東・梅田智之厩舎の4歳牡馬で、父アドマイヤジャパン、母アドマイヤドレス(母の父スピニングワールド)。通算成績は17戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 アドマイヤイナズマ 北村友一騎手
「今日は最後まで気を抜かず走っていました。もともと抜け出すと気を抜くような面があるのですが、1ハロン距離を短縮したことで最後まで集中していました」

2着 ゼウス 松山弘平騎手
「スタートよく、いい位置でこの馬のレースができました。直線は馬場のいいところに出せましたが、今日は勝ち馬が一枚上でした」

3着 リスヴェリアート 酒井学騎手
「安定感を増しています。今日はスタートして様子を見ながらケントヒーローの後ろにつけました。そこでジッと我慢して、直線はいい手応えでしたが、緩んだ馬場がこたえました。ただ、馬群の中でも怯みませんし、レースのしやすい馬ですね」

4着 ケントヒーロー 国分恭介騎手
「降級馬ですからね。よくがんばっています。こういう馬場も合っていると思います」

5着 コウエイタケル 和田竜二騎手
「よく来ているのですが、もう少し展開が向いて欲しいですね」

6着 マイネルフォルス 戸崎圭太騎手
「3~4コーナーでノメって、4コーナーでは外に張られましたが、直線で馬場のいいところに出したらしっかり伸びてくれました」