【茶臼山高原特別】(中京)~サトノアラジンが休養明けを完勝 [News]
2014/07/12(土) 15:50
中京9Rの茶臼山高原特別(3歳上500万下、芝2000m)は1番人気サトノアラジン(Z・パートン騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒9(良)。2馬身1/2差2着に2番人気エイシンアロンジー、さらに1馬身3/4差で3着に3番人気タイセイドリームが入った。

サトノアラジンは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母マジックストーム(母の父Storm Cat)。通算成績は6戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 サトノアラジン(パートン騎手)
「ずっとリラックスしていないまま走っていました。それでもここではモノが違いましたし、ペースも遅かったので押し切ることが出来ました。今後はいかにリラックスして走れるようになるかが課題でしょう。それが出来れば、上のクラスでも十分にやれると思います」

(池江泰寿調教師)
「馬体は立派なのにひ弱な面のあった馬が、休養を経て中身もしっかりしてきました。1つ勝てましたし、いずれは大きいところを狙えるところまで成長してくれると思います。今後のことは昇級してからのレースぶりを見て、馬の適性を見て判断することになりますが、菊花賞も目標の候補の1つになると思います」

4着 レッドカイザー(浜中騎手)
「テンのダッシュがつかず後方からになりましたが、向正面で外へ出したらハミを取って上がって行けました。最後まで頑張っていますが、もっと前向きさが欲しいですね」