【プロキオンS】栗東レポート~ゴールスキー [News]
2014/07/09(水) 16:53
 13日(日)に中京競馬場で行われる第19回プロキオンステークス(GIII・ダート1400m)に出走するゴールスキー(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●ゴールスキーについて浜中俊騎手
「さきたま杯は地方の小回りコースで、うまく対応しきれなかった面がありました。あまり器用なタイプの馬ではないので、その適性の差が出た感じでしたね。

 今朝の追い切りは坂路で、53~54秒台で最後の1ハロンだけしっかり追って欲しい、という指示でした。少し前半掛かって時計は早くなりましたが、終いまでしっかり動けていたので、いつも通りの良い動きでした。高いレベルで安定していると思います。

 広いコースで左回りの1400m、というのは条件的にはベストだと思います。あとは芝コースからのスタートになるので、そこを注意して流れに乗り損ねないようにしたいですね。この馬の良さである末脚を引き出して、良い結果を出したいと思います」

(取材:大関隼)