【七夕賞】栗東レポート~ラブリーデイ [News]
2014/07/09(水) 16:47
 13日(日)に福島競馬場で行われる第50回七夕賞(GIII・芝2000m)に出走するラブリーデイ(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り

●ラブリーデイについて兼武弘調教助手
「目黒記念は早めに抜け出す形にはなりましたが、よく踏ん張ってくれたと思います。レースを使った後にガタッとくる事もなかったですし、少し楽をさせた分、体に余裕も出たかなと思います。古馬になって体に芯が入って、キングカメハメハ産駒らしいどっしりした馬体になってきましたね。

 今朝はCウッドコースで2頭併せから、最後は内に潜り込ませるという追い切りでした。川田騎手にも良い感触を掴んで貰えたので、良かったと思います。小回りの2000mという条件も合っていますし、重賞で2着が3回と惜しいところまで来ている馬ですから、何とかもう一押しがきいて重賞を獲らせてあげられればと思っています。

 あまり脚を取られるような馬場になってしまうと苦しいので、できれば良い馬場コンディションで走らせてあげたいですね。ここで賞金を加算できれば、秋へ弾みもつくと思うので頑張って欲しいです」

(取材:大関隼)