【濃尾特別】(中京)~アスカノロマンが早め先頭で快勝 [News]
2014/07/06(日) 15:55
中京10Rの濃尾特別(3歳上1000万下、ダート1800m)は2番人気アスカノロマン(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒2(稍重)。2馬身1/2差2着に1番人気キクノソル、さらに2馬身差で3着に8番人気タガノプリンスが入った。

アスカノロマンは栗東・川村禎彦厩舎の3歳牡馬で、父アグネスデジタル、母アスカノヒミコ(母の父タバスコキャット)。通算成績は9戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 アスカノロマン(太宰騎手)
「強かったですね。道中は力みもなく、後ろから馬が来ればいつでも離せる感じでした。追ってからの反応も良かったです。まだ揉まれる経験はありませんが、2番手からもレースが出来ますし、これからとても楽しみな馬です」

3着 タガノプリンス(岩崎騎手)
「内枠でしたし、道中は内を走らせるつもりでした。気性の難しい馬なので、狭いところに入ったらどうかと心配していましたが、まったく問題ありませんでした。毎回レースが上手になっています。長い直線のレースが合っていますし、レースが安定してきています」

15着 ラフィングインメイ(岩田騎手)
「左回りだと右に逃げてしまって、ペースが上がるとさらに逃げてしまいます。今日はこの馬の力が出せませんでした」