【三宮S】(阪神)~サマリーズが降級で久々の勝利 [News]
2014/06/28(土) 16:52
阪神11Rの三宮ステークス(3歳上1600万下、ダート1200m)は4番人気サマリーズ(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(稍重)。1馬身3/4差2着に5番人気ゴーイングパワー、さらに1馬身1/4差で3着に1番人気カフェシュプリームが入った。

サマリーズは栗東・藤岡健一厩舎の4歳牝馬で、父Hard Spun、母ミスアドーラブル(母の父Mr. Prospector)。通算成績は14戦4勝となった。

~レース後のコメント~
1着 サマリーズ(酒井騎手)
「道中、砂を被るところもありましたが、嫌がる面はありませんでした。直線、追い出したらフワッとするところがありましたが、ハミを掛け直したらしっかり伸びました。追い出しが早く、脚が上がり気味でしたが、後ろの馬も厳しかったようですね。馬も硬さが取れて良くなっていたことも良かったのだと思います」

(藤岡健一調教師)
「状態も良化していましたし、降級ですからね。現時点では1200mがいいでしょう。次は未定です」

3着 カフェシュプリーム(川田騎手)
「砂を被っても怯まず、課題をクリアしてくれたレースでした。最後まで頑張っています」

4着 エアカーネリアン(ウィリアムズ騎手)
「4~5番手から差すレースや、早め先頭から粘りこむという、この馬のレースをするには1200mは短いですね。1400m、それに左回りが合っています」

12着 ドリームコンサート(武豊騎手)
「内枠でしたからね...。揉まれ弱い馬、中々外に出せませんでした」