【宝塚記念】美浦レポート~フェイムゲーム [News]
2014/06/25(水) 15:32
 今月29日(日)阪神競馬場で行われる第55回宝塚記念(GI)に登録をしているフェイムゲーム(牡4、美浦・宗像義忠厩舎)について、追い切り後の宗像義忠調教師のコメントは以下の通り。

・前走(天皇賞・春)について
「頑張ってくれましたが、もう少し前に来てくれればより良かったと思います。なかなかエンジンのかかりが遅いものですから、最後は良い脚を使ってくれるのですけどね...。」

・中間の調整について
「一度牧場に帰って、リフレッシュして戻ってきました。順調に毎週稽古ができていますので、状態は問題ありません。」

・一週前追い切りについて
「全体的には良いのですが、反応の良くない所がありました。最後は馬体が合うと闘志を出すのですが、その辺りに課題が残りました。」

・今日の追い切りについて
「ウッドチップコースで併せ馬でした。後ろから追って、全体的には良い流れだったのですが、指示に対する反応は、先週より今週の方がずっと良かったです。スムーズに追いつきましたし、馬体が合ってからも一生懸命走っていました。馬自身はだいぶ体調が良くなってきたかなと思っています。予定通りといいますか、順調です。」

・今回のレースについて
「今まで3000m以上の長い距離を使っていましたので、若干距離は短いと思います。騎手の指示にうまく従って、反応良く行かないと困りますね。(位置取りは)あまり後ろにならないで、中団ぐらいでうまく流れに乗ってくれればと思います。順調に仕上がって、出走態勢が整っています。あとは胸を借りるつもりで、一生懸命頑張ってほしいです。」

(取材:米田元気)